彼のバラ色の人生

彼のバラ色の人生
BL漫画『彼のバラ色の人生』の画像
人気のBL漫画/おすすめBLコミック/18禁

『彼のバラ色の人生』のあらすじ、内容、ストーリー

好きで、好きで、
世界を憎んでしまいそうになる

松田夏樹20歳、ちっちゃな頃から男が好きで15でホモと呼ばれました。
そんな夏樹の前に現れたのがコマノ19歳。
発言と佇まいの軽さに定評のあるノンケ男子。
この2人が付き合ってるような、なんかそんな感じの関係からバカップルになるまでのきゅんとときめく恋のおはなし。 DMM 電子書籍

『彼のバラ色の人生』のBLジャンル・嗜好・要素・表現

  • 恋愛
  • 年下攻め
  • 空気感
  • イチャラブ
  • 学生

『彼のバラ色の人生』のおすすめ読者感想レビュー

 もはや言うまでもないが、BL漫画の中で根幹のテーマと言えるのは男同士であるが故の葛藤である。そのテーマを近年では珍しいほど丁寧に描写しているのが、この「彼のバラ色の人生」だ。男女間では決して生まれない悩みや、性別に関係なく恋をしている限り誰にでも平等に降りかかる悩み、それらを優しくかつ緻密に描ききっているこの一冊を今から紹介していきたいと思う。

 まずこの作品は「リンゴに蜂蜜」という漫画の続きなのだが、この一冊から読んでも充分話は理解できるので安心していただきたい(ただ前作を読んでいるとよりいっそう楽しめるので読むことをおすすめしたい)。メインキャラは松田夏樹20歳(ゲイ・受け)とコマノ19歳(ノンケ・攻め)で、二人は同じ大学に通っている。前作で想いを通じ合わせた二人は今作で恋人同士のような関係からスタートし、大学の構内で隠れてキスをしたり部屋でいちゃいちゃしたりとそこそこ順調な生活を営んでいた。しかしゲイであることで周りから避けられていた過去を持つ夏樹は、ゲイではないコマノがいつか自分への気持ちを無くしゲイの自分を軽蔑しはじめるのではないか、という不安を消し去れずにいて…というのが大まかな話の導入である。

 夏樹は過去のトラウマが影響して、ゲイとしての自分が幸せになる未来を想像できない。いつかコマノも自分から離れていくと考えつづける。ここで重要なのが、夏樹は「女になりたい」とは考えないことである。男に生まれてきた自分として男に好かれたい、けれどそんなことが起こるはずはない、と苦悩しつづける夏樹の姿には胸が締めつけられる。

 対してコマノはとにかくノリが軽く本心が掴みずらい言動を繰り返すので、夏樹はさらに彼を疑ってしまう。読者もコマノの本意が見えず最初はやきもきしてしまうのだが、しかし彼もまた夏樹のことを本気で好きだと思っていることがどんどん明らかになっていく。私が特に好きな場面は、コマノが友人に夏樹のことを恋人として紹介した際、「コマノをよろしく」と言った友人に対し夏樹が微笑んだのを見て、コマノがときめくシーンである。この時コマノの隣に「きゅん」という小さい書き文字が書いてあるのだが、こんなに小さい書き文字にこれほど悶えさせられたのは生まれて初めてだった。コマノの夏樹への強い想いが「小ささ」によって現れている、巧妙であり最高の場面である。

 不安と葛藤の中で、それでも離れず共に歩んでいく。そんな二人の生きざまの美しさは筆舌には尽くしがたい。是非とも一度手に取っていただきたい一冊である。

 BL作家 秀良子 が描く、おすすめのBL漫画/BLコミック『彼のバラ色の人生』の無料立ち読みとダウンロードがおすすめです!

『彼のバラ色の人生』を無料立ち読み!試し読み!

『彼のバラ色の人生』をダウンロード!

ダウンロード
おすすめのボーイズラブ漫画!電子書籍版『彼のバラ色の人生』の詳細。漫画を描いた作者や出版社情報など
BL漫画家/著者:
掲載誌/レーベル:
出版社:
BL電子書籍販売日: 2016年1月31日
BL紙書籍販売日: 2012年5月19日
ページ数: 195ページ
種類: 単行本
シリーズ/巻: 読み切り
DMM読者による平均評価: 評価

おすすめボーイズラブコミック!