たどるゆび

たどるゆび
BL漫画『たどるゆび』の画像
人気のBL漫画/おすすめBLコミック/18禁

『たどるゆび』のあらすじ、内容、ストーリー

大手メーカー勤務の花村は、上司の佐井に好意を寄せていた。佐井の結婚話を聞いて失恋を自覚していたところに、取引相手の敏腕デザイナー高瀬が現れ、花村の才能を見初め心もカラダも奪っていく。
その後、彼のデザイン事務所に拾われた花村は、傍若無人でオレ様な高瀬にどんどん惹かれるも、「恋愛しない」と有名な彼との距離感がつかめず戸惑うのだが――。 DMM 電子書籍

『たどるゆび』のBLジャンル・嗜好・要素・表現

  • 健気受け
  • 美人受け
  • 年上攻め
  • 同居
  • 能楽師

『たどるゆび』のおすすめ読者感想レビュー

 まず絵柄が非常に綺麗でした。おかげで攻めはどこまでいっても格好良く、受けはどこまでいっても可愛かったです。絵柄があまりにも好みだったので、初めて読んだ際に、他の単行本を出していらっしゃる方なのかすぐに検索したほどです。内容については受けがいじらしいほどに健気です。

 相手に想いを寄せるあまりに仕事の手柄を取られても従順に従い、相手が結婚するという話になっても恨み言を言うこともない。そんな受けを素敵に拾ってくれるのが攻めです。取引先の所長として顔を会わせただけで、お互いの事はそこまで深くは知らない仲。悶々としながらも惹かれていき、しかし自分に自信が持てない受けはとても臆病です。体の関係を先に持ち、攻めが遊びなれていそうな雰囲気を纏っていたので、余計にそうなってしまうのかもしれません。

 仕事の才能もあって魅力的な人物ですが、受けは自分が選ばれるとは思っていない。常にいつ自分がいらなくなるのかと考えてしまうネガティブな思考が、今までの経験からくるものだと考えると、受けがとても可哀相になります。攻めも攻めで受けに対する労りの言葉や励ましなどは惜しみ無く伝えるのですが、肝心な自分の気持ちを伝えていないので、受けにまったく気持ちが伝わっていません。とにかく言葉足らずな二人です。

 攻めの元恋人と思しき人物が出てきたり、受けが想いを寄せていた相手が再登場したりと色々ひっかき回されるのですが、最終的には収まる所に収まります。可愛く無自覚な受けが溺愛されていく過程が非常に良かったです。もう一作は能楽師と大学生の話。能楽師の攻めと受けは同居しているのですが、攻めにキスをされ……という展開。この攻め、我慢が出来なくなって手を出してしまったくせに最後まで好きと告げない、往生際の悪さを感じました。恥ずかしくて言えないだけでしょうけれど。

 受けは受けで無垢そうだなあという印象です。一作目も二作目も全体的に甘く、読後感の良いお話でした。ただ、どちらのお話ももう少し攻めが受けに対して夢中になっている描写が最後にあった方が、もっと萌えられたかもしれないと思いました。勿論感じ方の差はありますが、少し最後があっさりし過ぎているような気もしたので、もう少しだけでも甘々な展開を読み続けたかったです。

 その後の二人のお話などもまた読んでみたいです。無自覚な受けが愛想を振り撒いて色んな所で男を引っ掻けてしまい、攻めが怒るに怒れない展開とかがあれば……というのは、私の単なる願望です。

 BL作家 高崎ぼすこ が描く、おすすめのBL漫画/BLコミック『たどるゆび』の無料立ち読みとダウンロードがおすすめです!

『たどるゆび』を無料立ち読み!試し読み!

『たどるゆび』をダウンロード!

ダウンロード
おすすめのボーイズラブ漫画!電子書籍版『たどるゆび』の詳細。漫画を描いた作者や出版社情報など
BL漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: ---
出版社:
BL電子書籍販売日: 2016年1月29日
BL紙書籍販売日: 2015年7月16日
ページ数: 184ページ
種類: 単行本
シリーズ/巻: 読み切り
DMM読者による平均評価: 評価

おすすめボーイズラブコミック!