薫りの継承

薫りの継承
BL漫画『薫りの継承』の画像
人気のBL漫画/おすすめBLコミック/18禁

『薫りの継承』のあらすじ、内容、ストーリー

義理の兄弟、禁断の愛と確執を描いた衝撃作。
本書は、『薫りの継承上』『薫りの継承下』を1冊にまとめた【上下巻セット】です。
更に、上下巻セット特典として単行本未収録の美麗イラストを収録しました。(作品内容は『上巻』『下巻』と同じものです)

『薫りの継承上』比良木忍は兄といっても、血の繋がりはない。義理の兄だ。竹蔵は後妻の連れ子として、比良木家に迎えられた。兄はいつも冷たく汚物のように、竹蔵を見下す。深い嫌悪と憎悪に満ちた射殺すような視線。毎日毎時毎秒、兄に殺され続けていた。竹蔵は兄に欲情していた。ある晩、竹蔵は正体を偽って兄の寝室に忍んだ。義姉の香水を身につけ、兄の目を覆い隠す。そして、己の欲望の猛るままに兄の体を貫いた……。/『薫りの継承下』兄の目を覆い隠し、己の欲望の猛るままに体を貫いた。あれから何度も何度も交わっている。兄との道ならぬ愛は、閉塞感を極めてゆく。夏の盛り、竹蔵は兄夫婦と別荘で休暇を楽しむことになった。義理の兄である忍との関係を、露ほども疑っていない義姉から女性を紹介される。竹蔵は彼女に対しすげない態度を取ってしまい、そして……。その晩の出来事は、兄弟の運命を大きく変えてゆくのだった。 DMM 電子書籍

『薫りの継承』のBLジャンル・嗜好・要素・表現

  • 義兄弟
  • 狂愛
  • 目隠し
  • 禁断
  • シリアス
  • 深愛

『薫りの継承』のおすすめ読者感想レビュー

 薫りの継承。私はこの作品を腐女子友達におすすめすることがなかなかできません。なぜなら読み手によっては好き嫌いがはっきりと分かれてしまう作品なので、読み終わったあとに気持ちの落ち着かせどころに迷う人もいると思うからです。とりあえずはこの作品の良さを語るためにも簡素にあらすじを書いていきますね。

 竹蔵は後妻の連れ子として比良木家に迎えられました。そして竹蔵の義理の兄となった忍は、いつも竹蔵に冷たくあたり、恨むように見下していました。しかし、竹蔵はそんな忍に惹かれて欲情していたのです。ある日の晩、甥っ子の要に挑発された竹蔵は忍の奥さんの香水をふりかけ、忍の目をネクタイで隠し、そのまま欲望のままに忍を抱いてしまい、そこから始まる歪んだ関係が始まります…。

 と、だいぶざっくりに説明をしてしまいましたが、つまりは義理の兄にずっとずっとずーっと長い間片思いをしていた弟が中心のお話です。もちろん他の登場人物たちの気持ちも存分に描かれております。

 私は中村明日美子先生の大ファンで、この作品が出ると知って一もなく二もなく読みました。そして読み終わったあと、妙な倦怠感に襲われました。何故?と聞かれたらネタバレになってしまうのでうまくは説明できないのですが、きっと色々なことを考えさせられてしまうからだと思います。

 ふと作品を思い返して、あぁ、忍さんはこういうことを思ってたのかな。とか、これは歪んだ愛だけど純粋な愛でもあるんだなぁ。なんて、余韻に浸りながらついつい登場人物たちに想いを馳せてしまうのです。それにちょっと驚くような幕の閉じ方だったので、そこも妙な倦怠感を起こしてしまう理由の一つだと思います。

 中村明日美子先生の繊細で綺麗なタッチでまるで人形のようにも思える絵柄で、どうしようもないくらい登場人物達が生きているのが伝わってくるのにも圧巻されます。あくまで「漫画の中の登場人物」ではなくて「本当に生きている人達」と錯覚してしまいそうになるところも、作品に惹き込まれるところの一つです。

 生きている人達だと錯覚してしまうから、余計に一人一人の感情を奥深いところまで考えこんでしまうのでしょう。あ、もちろん中村明日美子先生が描く、お耽美でエロスなシーンも盛りだくさんで読んでいてとてもドキドキさせられましたよ!

 私はなぜか中村明日美子先生の描かれる耽美なシーンは、エロいと思う感情よりも美しいという思う感情の方が勝ってしまいます。まるで映画のワンシーンを見ているかのような…。上下巻に渡り繰り広げられる、義兄弟のちょっと、いやかなりいびつに歪んだ関係。

 普通のBLじゃ飽き始めている、ドロドロの愛憎劇が読みたい、という方には断然オススメです。ぜひ、読み終わったあとの余韻に浸ってくださいませ。

 BL作家 中村明日美子 が描く、おすすめのBL漫画/BLコミック『薫りの継承』の無料立ち読みとダウンロードがおすすめです!

『薫りの継承』を無料立ち読み!試し読み!

『薫りの継承』をダウンロード!

ダウンロード
おすすめのボーイズラブ漫画!電子書籍版『薫りの継承』の詳細。漫画を描いた作者や出版社情報など
BL漫画家/著者:
掲載誌/レーベル:
出版社:
BL電子書籍販売日: 2016年2月4日
BL紙書籍販売日: ----
ページ数: 418ページ
種類: 単行本
シリーズ/巻: 読み切り
DMM読者による平均評価: 評価

おすすめボーイズラブコミック!