飴色パラドックス

飴色パラドックス
BL漫画『飴色パラドックス』の画像
人気のBL漫画/おすすめBLコミック/18禁

『飴色パラドックス』のあらすじ、内容、ストーリー

週刊誌記者の尾上は、異動先の張り込み班でカメラ担当の同期・蕪木とコンビを組むことになる。密かにライバル視していた相手である上、スクープのためなら手段を選ばない蕪木のやり方が正義感の強い尾上には納得できず、最初は衝突ばかり。けれど共に事件を追ううちにお互いが気になり始め……?話題のケンカップル登場v DMM 電子書籍

『飴色パラドックス』のBLジャンル・嗜好・要素・表現

  • ツンデレ
  • ケンカップル
  • ライバル
  • BL
  • 出版社
  • リーマン
  • 社会人
  • natumeisaku
  • 夏目イサク
  • ボーイズラブ
  • クール攻,同人出身
  • 139

『飴色パラドックス』のおすすめ読者感想レビュー

 これぞ、まさに夏目イサクさんの真骨頂!大好きだー!!ライトなケンカップルを描かせたら夏目さんの右に出る方はいませんね。
『どうしようもないけれど』と似た雰囲気です。夏目イサクさんの本は全て購入していますが、これが一番、何度も読み返しています。

 設定は出版社カメラマン×記者。主人公の尾上(受)は、単純明快。喜怒哀楽がはっきりしているタイプ。対する蕪木(攻)は、尾上には無愛想だが、仕事はデキるタラシ。最初は反発しあう二人。というより、主人公の尾上が一方的に蕪木をライバル視。尾上にしてみれば、彼女を奪われた相手。何の因果か仕事でペアを組むことになってしまい、女をタラして仕事を取ってくるようなやり方も、正義感が強い尾上にしてみれば到底納得できません。

 そのうち、アレ?こいつなんだか性格いいところもあるじゃないか?俺が誤解していただけ?となってきて。ふとした拍子に笑顔を向けられたり、頼りない顔をされたら、それは恋に落ちるでしょう!読み手も心臓わし掴みにされます。蕪木への恋心を自覚してもすぐ素直になれないし、意識しすぎてテンパりオーバーリアクションで自分のドキドキをごまかす。そんな尾上がむちゃくちゃかわいい!尾上に振り回されている蕪木もかわいい。最終的には、なぜか蕪木から先に告白されてしまう。そこで尾上が調子に乗ってしまったせいで、紆余曲折ありますが、最後はめでたしめでたし。

 気持ちが通じ合ってからの蕪木の手の早さときたらもう!ラブ!夏目イサク先生のエロは毎回あっさりめなのですが。尾上が羞恥を覚えて半泣き(ここがポイント)、でも好きな蕪木のために体を明け渡す姿に、いいっ!と悶えます。そして愛想のない蕪木が、ベッドの中では積極的で、ウキャーと叫びたくなってしまう。そう、攻めは少々サドが入っているぐらいのほうが見ていて萌える。受けは恥じらい、嫌がりつつも受け入れるほうが、萌える。

 脇役の雅やんもいい味だしてます。2巻以降は、蕪木のほうが尾上にデレっデレ。すでに1巻と性格違わない?(笑)晴れて両想いになり信頼関係ができた2巻以降は、蕪木の妹・理子が出てきたり、何かと尾上に張り合おうとする中途採用の新人後輩・笠井が登場。なんだかんだドタバタしながらも、夏目イサクさんの作品は基本的にハッピーエンドなので、安心して、気楽に楽しめます。

 3巻の巻末には、なんと『どうしようもないけれど』とのコラボ漫画が!!『飴色パラドックス』お好きな方で、まだこちらを読まれたことのない方、ぜひ一読してみてください。間違いなくハマることでしょう。コラボ、たまらんです。

 個人的に、『飴色パラドックス』は夏目イサク先生に長く続けていただきたいと願うシリーズです。描いていただけるなら、執筆の頻度が少なめであっても、何年でも待ちます。おすすめ!

 BL作家 夏目イサク が描く、おすすめのBL漫画/BLコミック『飴色パラドックス』の無料立ち読みとダウンロードがおすすめです!

『飴色パラドックス』を無料立ち読み!試し読み!

『飴色パラドックス』をダウンロード!

ダウンロード
おすすめのボーイズラブ漫画!電子書籍版『飴色パラドックス』の詳細。漫画を描いた作者や出版社情報など
BL漫画家/著者:
掲載誌/レーベル:
出版社:
BL電子書籍販売日: 2015年12月12日
BL最新刊販売日: 2015年12月12日
BL紙書籍販売日: 2011年3月29日
ページ数: 211ページ
種類: 単行本
シリーズ/巻: 1~3巻
DMM読者による平均評価: 評価

おすすめボーイズラブコミック!