タイトロープ

タイトロープ
BL漫画『タイトロープ』の画像
人気のBL漫画/おすすめBLコミック/18禁

『タイトロープ』のあらすじ、内容、ストーリー

直樹と龍之介は幼なじみ。龍之介が極道一家の跡取りだったり直樹に惚れていたりしつつもそれが当たり前の毎日を過ごしていた。だが高校卒業間際、龍之介が突然組を継がないと言い出し周囲は大騒ぎ。その理由というのが……?大人気リーマンシリーズ番外篇「どうしようもないけれどリターンズ」も収録した、幼なじみ仁侠ラブ☆ DMM 電子書籍

『タイトロープ』のBLジャンル・嗜好・要素・表現

  • BL
  • ボーイズラブ
  • 恋愛
  • 幼なじみ
  • 任侠ラブ
  • ヤクザもの
  • ツンデレ
  • 高校生
  • 139
  • 同人出身作家
  • リーマン

『タイトロープ』のおすすめ読者感想レビュー

 任侠モノ。主人公・里谷直樹と大原龍之介は幼馴染み。龍之介は小さい頃から直樹が大好きで、猛烈なアプローチを繰り返しています。中1の頃に、龍之介は思い余って直樹を襲ってしまい、本気で怯えた直樹に『死ね』と言われて、ショックで死のうとした過去が。
直樹は、ここまで自分に振り回される龍之介の姿を見て、このままではあかん、龍之介を独り立ちさせないと!と思い、それから6年間、直樹は龍之介を突き放すようにしたけれども、一向にめげない龍之介は猛勉強して高校も直樹と同じ学校へ入ります。あと2か月で高校卒業となる時期に、急に大原組の跡取り息子の龍之介は跡を継ぎたくないと言い出して・・。

 物語はクールな直樹目線で進んでいきます。龍之介には、ただでさえ、直樹に迷惑をかけているのに、自分が大原組の仕事を本格的に始めてしまったら、もう直樹とは親しく出来ないという思いがあります。だからこそ、電車の車掌になるとかわけわからんことを言い出したのですね。ただ、組がらみの喧嘩に直樹を巻き込んでしまい、ケガまで負わせて、ついに龍之介は思いを口にします。

『跡継ぐことになったら、おれ、お前と(一緒に)おるのやめるな』

 直樹は、あれだけ龍之介を独り立ちさせようと思っていたのに、そう言われて、動揺します。『そんな別れは望んでない』と、初めて自分の気持ちに気づきます。そして、直樹は告げます。『おれは、お前が何者でも一緒におるぞ』(←男前!!)直樹、やっと自分の気持ちに気づきます。これでハッピーエンド、とはならなくて、高校卒業後もひと悶着あって、やっと心も体も通じあうことになるのですが、それは読んで確認してください。

 二人とも、根っこは一緒なんです。お互いのことがとても大事だし、自分のせいで、相手が危ない目に遭うのには耐えられない。ふたりの心情は『一緒にいたい』『いや離れた方が・・』それぞれ揺れ動くのですけれど、最終的には龍之介がかっこよく決めてくれます(笑)

 濡れ場は、本編最後と、おまけマンガにもついてます。普段、クールな直樹なので、感じている表情はつられて私まで恥ずかしくなってしまうな~。キュンキュンきます!龍之介の興奮する気持ちがわかります。

 そしてさらに!『どうしようもないけれど』の続編も収録されています!黒川、島野、ふたりの仲が島野の父(社長)にばれてしまいます。このお話は、最後にあの名言が。

『お前は、そいつのために何ができる?』
『なんだって』

 たまりません!!そして、このシチュエーションがまたいいのです!黒川の膝には酔いつぶれてしまった島野が膝枕で寝ていて・・。
良い画だわあ。それはもう、島野父も怒るに怒れなくなってしまいますよ。一粒で二度おいしい(古いですね)本となっております。特に『どうしようもないけれど』が好きな方にはぜひ!

 BL作家 夏目イサク が描く、おすすめのBL漫画/BLコミック『タイトロープ』の無料立ち読みとダウンロードがおすすめです!

『タイトロープ』を無料立ち読み!試し読み!

『タイトロープ』をダウンロード!

ダウンロード
おすすめのボーイズラブ漫画!電子書籍版『タイトロープ』の詳細。漫画を描いた作者や出版社情報など
BL漫画家/著者:
掲載誌/レーベル:
出版社:
BL電子書籍販売日: 2015年12月12日
BL紙書籍販売日: 2008年12月31日
ページ数: 212ページ
種類: 単行本
シリーズ/巻: 読み切り
DMM読者による平均評価: 評価

おすすめボーイズラブコミック!