between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜

between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜
BL漫画『between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜』の画像
人気のBL漫画/おすすめBLコミック/18禁

『between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜』のあらすじ、内容、ストーリー

誰からの誘いも受けない眉目秀麗な魔性のバーテンダー・高史と出逢った外資系ホテル社長・一瀬。歯の浮くような甘い愛を囁き、言葉巧みに高史を口説いてはにこやかに躱されるやりとりを楽しんでいたけれど―!?【電子版限定おまけ付き】電子版描き下ろしコミックペーパー(1P)を収録!! DMM 電子書籍

『between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜』のBLジャンル・嗜好・要素・表現

  • エロエロ
  • 年の差
  • スーツ
  • 女王様受け
  • ツンデレ
  • セレブ

『between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜』のおすすめ読者感想レビュー

 スタイリッシュなオトナの恋愛が描かれた作品。橋本先生の出世作とも言われており、各種サイトでもロングセラーとして紹介されています。本作が出るまでこの作家さんは、色気のある受けを書くのが上手いなぁという印象でしたが、ここでは攻めも相当な色気を発しているキャラが投入されました。実際にこの「between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜」以降、橋本作品にフェロモンムンムンの攻めが登場する率が多くなった、という声も少なくありませんよね。

 で、本作でセクシーオーラ出まくりの攻めは外資系ホテルの日本法人を仕切るトップという一瀬なわけですが、男女問わずに食い散らかしてきたであろうセレブ系の超モテキャラでした。海外生活が長いとわかる描写がありましたが、セリフ回しとか作中で知り得た彼の経歴を踏まえるとハーフとかクォーターだったりするかもしれません。仕事もプライベートもリア充の自由気ままな彼が、ふらりと立ち寄ったバーで受けの高史がカクテルを振っていたわけです。一瀬はステイタスの具合からも間もなくミドルになる年の頃ですが、一方の彼はまだ若さをのぞかせるバーテンダー兼マスターという設定。受けはゲイだと思いますが、あえて公表はしていない感じかと。ミステリアスな雰囲気の壮絶美人な彼は、男女を問わず引きつける魔性の魅力で一瀬とは別のベクトルのモテモテの君(きみ)です。

 そんなふたりが出会ったのだから、惹かれあうのに時間はかかりませんでした。受けが予想以上にツンデレで、自分の深層にある感情を受け入れようとしない事態には百戦錬磨の攻めも少々手こずります。元々、悪い虫を寄せ付けない鉄壁のディフェンスで言い寄る者をあしらうことで有名だった彼ですから、早々に完落ちしたくなかったのでしょう。カラダから入る展開でも両者ともに気持ちがこもっている感じもあったので、当初から甘々な空気感もありつつのエロエロHでした。見ごたえ十分の色気たっぷりエロシーンは、この作家さんの持ち味ですよね。そこがよくて、支持しているBLファンも多いと聞きます。本作でも、受けのトロ顔やモロ感な様子が官能的に描写されました。

 タイトルにもなっているビトウィーン・ザ・シーツはカクテルの名称でもあるわけですが、もとは寝酒を指し転じてベッドの”お供”を意味しています。暗に相手を寝所に誘い込む流れみのネーミングだったのか?都会の片隅にある小じゃれたバーを起点にした恋愛模様を象徴したのか?言い得て妙なタイトルですね。

 BL作家 橋本あおい が描く、おすすめのBL漫画/BLコミック『between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜』の無料立ち読みとダウンロードがおすすめです!

『between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜』を無料立ち読み!試し読み!

『between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜』をダウンロード!

ダウンロード
おすすめのボーイズラブ漫画!電子書籍版『between the sheets〜ビトウィーン・ザ・シーツ〜』の詳細。漫画を描いた作者や出版社情報など
BL漫画家/著者:
掲載誌/レーベル: ---
出版社:
BL電子書籍販売日: 2015年12月12日
BL紙書籍販売日: 2013年11月29日
ページ数: 198ページ
種類: 単行本
シリーズ/巻: 読み切り
DMM読者による平均評価: 評価

おすすめボーイズラブコミック!