大和名瀬

大和名瀬 (やまと なせ / YAMATO NASE)
  • 8月16日生まれ / AB型 / 東京都出身
  • 初出:「笑顔にクリーン❤ラブ」実業之日本社『恋はおまかせ特集号 』1995年1月増刊号※BL作品の初出:「ある冒険のはじまり」桜桃書房『小説FUDGE 』vol.11(1996年10月発行号)
  • デビューコミックス:「恋愛ブーム」実業之日本社※BL初単行本:「ぼくの監視員」桜桃書房
  • 代表作:『教師も色々あるわけでシリーズ』リブレ※単行本既刊6巻(派生作4巻含)、「ちんつぶ」実業之日本社※単行本既刊4巻、『デキる男の育て方シリーズ』徳間書店※単行本4巻(派生作2巻含)、「さあ恋に落ちたまえ」海王社※単行本全4巻
  • メディアミックス:ドラマCD「HANON ハノン」、「ステディースタディ」、「Dear.ジェントルパパ」、「FAN ファン」、「さあ恋に落ちたまえ」※全5巻、「ちんつぶ」既刊3巻、『デキる男の育て方シリーズ』※既刊2巻、「便利屋さん」※全2巻、「くちびるの行方」、『教師も色々あるわけでシリーズ』※既刊3巻(派生作1巻含)、「NEWSな彼!」、「ペット・お仕事中」、「野獣で初恋」
  • 同人サークル:世界文化

 実業之日本社の少女誌『My Birthday』増刊号『恋はおまかせ特集号』1995年1月号に「笑顔にクリーン❤ラブ」で商業誌デビュー。初単行本も少女漫画の作品が先で、2001年まではBLと二刀流だった。(注:表紙絵は2004年まで少女誌に提供)BL誌には1996年、桜桃書房『小説FUDGE 』vol.11に「ある冒険のはじまり」でデビュー。同社『GENEROUS』や『GUST』に読み切りを寄せ、それらを集め初のBLコミックス「ぼくの監視員」を送り出した。

 駆け出し当時は桜桃書房と実業之日本社の媒体中心に単発で作品を掲載したが、1997年にはコアマガジン『イマージュクラブ』に4コマ形式の「平安あぶない乳兄弟」が登場。続き物としては初作品だったが、続編ありきのストーリー漫画で初お目見えしたのは『GUST』10月号に掲載の「FAN」だった。時を同じく小説のカバーや挿絵を提供し、一気にキャリアを積み上げる。

 翌年はビブロス(現リブレ)や徳間書店の媒体に掲載先を広げ、1999年は後の話題作「ちんつぶ」が実業之日本社『MyBoy』5月号に登場し連載が4本に。さらに次年は芳文社『花音』にも原稿を寄せ、当年は5本もの連載を抱えた。少女漫画誌への寄稿を打ち止めにした翌年以降から4~5年の間は特に、自身の作品が初めてCD化されたのを皮切りに、各タイトルの単行本化と音声化が相次いだ。その頃「さあ恋に落ちたまえ」(桜桃書房『GUST』→後継誌の海王社『GUSH』に途中移管)や徳間書店『できる男の育て方シリーズ』を発表。大和作品の安定感と支持率が際立ってきたところに、リブレ発行『BE・BOY GOLD』2007年10月号に「教師も色々あるわけで」が連載開始した。その翌年は米国で開催された『YAOI-CON』に招聘され、実力と人気の充実した有名作家として存在感を見せる。近年は「教師も色々あるわけで」のスピンオフ「最恐教師~教師も色々あるわけで~」が大好評。2010年に『BE・BOY GOLD』に登場以来、親作品を上回る支持を集め単行本も5巻を数えた。

 デビューから20年以上経ち大物BL作家の域に到達した感もあるが、セルフパロディーや自身人気作の続編&番外編に二次創作を同人用に描き続け、“コミケ”にほぼ毎回参加する。風変りな設定と内容の面白さで2004年『第13回日本トンデモ本大賞』にノミネートされた「ちんつぶ」は、完結前に連載誌が休刊になるも同人で発表を継続し商業用にも単行本化して、読者を楽しませた。この点からもファンと作品を大事する姿勢が伺え、サービス精神とクリエーターとしての信念に”粋”を感じる作家だ。

『大和名瀬>』のオススメBLコミック一覧!
人気のBL漫画家『大和名瀬』のBL漫画を無料で立ち読み!まんがダウンロード!BL感想レビュー!

BL作家『大和名瀬』のBL漫画一覧まとめ。『大和名瀬』が描いた人気のボーイズラブコミックや過去作、最新作など。 各作品ページでは、『大和名瀬』が手掛けたBLコミックの感想とレビュー、評価や詳細を閲覧でき、無料で漫画を立ち読みして、気に入ったBL漫画をダウンロードすることができます。 『大和名瀬』先生が描くボーイズラブを読もう!