宝井理人

宝井理人 (たからい りひと / TAKARAI RIHITO)
  • 10月7日生まれ / O型 / 広島県出身
  • 初出作品:「セブンデイズ MONDAY→ 」(大洋図書『CRAFT』vol.28掲載※原作・橘紅緒)
  • デビューコミックス:「セブンデイズ MONDAY→THURSDAY」(大洋図書※原作・橘紅緒)
  • 代表作:『セブンデイズシリーズ』※既刊全2巻、『花のみぞ知るシリーズ』※既刊全4巻(以上、大洋書店)「テンカウント」(新書館※既刊5巻)
  • メディアミックス:映画「セブンデイズ MONDAY→THURSDAY」、「セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY」/ドラマCD『セブンデイズシリーズ』※既刊2巻、『花のみぞしるシリーズ』※既刊2巻、「テンカウント」※既刊4巻
  • 同人サークル名:GIGA TRAPER

 各種作品にイラストレーションで参加していたが、2006年に小説家・橘紅緒とタッグを組込む好機が到来。『CRAFT』誌上で初連載作「セブンデイズ」を手掛ける。このデビュー作で2年半作画の担当をしつつ、少女漫画誌にも作画で参加した様にキャリア序盤は原作者ありきの作品に携わっていた。同作連載終了後は、単独名義の「花のみぞ知る」をCRAFT誌で発表、ストーリーでも高いライティングスキルを発揮する。連載完結後は、そのスピンオフ「花のみやこで」を大洋図書『ihr HertZ』誌面に寄せた。同作の単行本化に際しCRAFT誌に掲載した親作品の番外編を収録する。この2作は宙出版制定『このBLがやばい!』2013年度版で「花のみぞ知る」が6位に、2014年度版でスピンオフが20傑入りし、名シリーズに位置づけられた。

 新書館『ディアプラス』誌で発表した「テンカウント」は連載当初から注目されたが、単行本化第一弾のカバーイラストが大反響で表紙買いの漫画愛好家が続出。瞬く間のヒットで、BLカテゴリーに流入する読者が急増した。同作は『このBL…』で2015年度に3位、2016年度は1位と連続で上位にランク。さらに『全国書店員が選んだおすすめBLコミック』2015&2016年と『BLアワード2015』コミック部門各賞で1位に輝き、単行本も5巻発売時に累計発行数150万部突破した。

 「テンカウト」第1巻の表紙絵が絶賛された様に、イラストレーションの腕前は言わずもがな。カットの提供に加え、企画モノのキャラクターデザインにも応えるなどクリエーターとしても順調にキャリアを積んでいる。「テンカウント」の躍進で表現の場が広がって、『月刊Gファンタジー』(スクエア・エニックス)に連載中の非BL「グランネリエ」でもファンを拡大中だ。

『宝井理人>』のオススメBLコミック一覧!
人気のBL漫画家『宝井理人』のBL漫画を無料で立ち読み!まんがダウンロード!BL感想レビュー!

BL作家『宝井理人』のBL漫画一覧まとめ。『宝井理人』が描いた人気のボーイズラブコミックや過去作、最新作など。 各作品ページでは、『宝井理人』が手掛けたBLコミックの感想とレビュー、評価や詳細を閲覧でき、無料で漫画を立ち読みして、気に入ったBL漫画をダウンロードすることができます。 『宝井理人』先生が描くボーイズラブを読もう!