志水ゆき

志水ゆき (しみず ゆき / SHIMIZU YUKI)
  • 12月9日生まれ / O型 / 栃木県出身
  • 初出:「やがて、夏が終わる日。」ビブロス(現リブレ)MAGAZINE BE×BOY1994年9月号掲載
  • デビューコミックス:「LOVE MODE」
  • 代表作:『LOVE MODE シリーズ』ビブロス※単行本完結全11巻完結(新装版は新書館※単行本完結全6巻)、「-是-」新書館※単行本完結全11巻(別途、番外編既刊1巻)
  • メディアミックス:ドラマCD「LOVE MODE」7巻※番外編1巻含、「レシピ」、「-是-」6巻、「花鳥風月」3巻

 「やがて、夏が終わる日。」が当時のビブロス社(現リブレ)の『MAGAZINE BE×BOY』1994年9月号に掲載され、デビュー。その後も同誌とその系アンソロジーなどに読み切り作品を寄せていた。

 初連載となる「LOVE MODE」は、デビュー誌の1995年3月号~翌年6月号までの間に通算7回登場。同じ世界観と時制で展開される続話がその後も『MAGAZINE BE×BOY』誌面を中心に発表され、全56話(月刊・BE×BOY…54話、アンソロジー・be-BOY Zip…2話)16タイトルが本誌掲載された。2002年秋までの通算7年間に描かれた出世作は、BL作品としてはロングランに。数話単位に区切られたオムニバス形式で複数カップルの恋路を追うという、当時としては斬新な手法は徐々に注目を集めた。1999年には同作が自身初のドラマCD化を果たし、翌年の2000年に入って以降はBE・BOY誌のカバーイラストや巻頭を飾る頻度も高くなるなど、同誌の看板作家となる。

 転機を迎えたのは2004年の春。新書館の月刊誌『ディアプラス』4月号に初登場し、超自然的な要素を取り入れた「‐是‐」の連載がスタートした。シリアスで神秘的な大人のファンタジーは一種の挑戦とも見て取れたが、その作りこまれた独特の世界観で読者を圧倒。瞬く間に大人気作になり、新天地でもエース格の作家になる。「-是-」も「LOVE MODE」の様に同一の時間軸で複数カップルの様々な愛を描くスタイルで、現代劇中に和のテイストをふんだんに盛り込んだ作風が当時としては新鮮だった。この特性は作家の新境地を見せただけでなく、和風のトーンをBL漫画の設定における構成要素の定番に押し上げた功績も、見落とせない。同作は、ファンブックや画集も出版されBLカテゴリー外の漫画ファンからも評価され、優れたコンテンツとして今もなお、根強い人気を誇っている。

 現在では、ディアプラス誌に「花鳥風月」を連載中。こちらも大ヒットした2つの長編と同じく複数カップルの物語を追いかけるスタイルで、完結したロングラン2作品と遜色のないクォリティーで支持を集め、同誌の主力作品として話数を重ねている。

『志水ゆき>』のオススメBLコミック一覧!
人気のBL漫画家『志水ゆき』のBL漫画を無料で立ち読み!まんがダウンロード!BL感想レビュー!

BL作家『志水ゆき』のBL漫画一覧まとめ。『志水ゆき』が描いた人気のボーイズラブコミックや過去作、最新作など。 各作品ページでは、『志水ゆき』が手掛けたBLコミックの感想とレビュー、評価や詳細を閲覧でき、無料で漫画を立ち読みして、気に入ったBL漫画をダウンロードすることができます。 『志水ゆき』先生が描くボーイズラブを読もう!